Monthly Archives: May 2012

朝鮮の地は地球の「ツボ」

朝鮮の地は地球の「ツボ」宇宙が人間の種を取り入れるこの時期になれば、必然的に天地の主宰者が来られる。もしそうだとすれば、一体その方はどこに来られるのだろうか?大宇宙天体圏が形成された時から、そのお方が来られる場所は朝鮮の地である、と定められている。それでは、それは何故なのか。地相学的に見れば、朝鮮の地が地球の核にあたる。即ち、朝鮮の地を中心として地球が形成されているのである。韓国を「ツボ」にして、日本が内青龍として朝鮮を包み込んでいる。そして、アメリカ大陸は外青龍である。反対側を見れば、中国大陸からシンガポールまでが内白虎であり、黒人種が住むアフリカは外白虎である。そして、日本海と黄海は内明堂水にあたる。今ここにいる日本の信徒たちは地相学をよく知らないだろうが、台湾と中国大陸の間は「破」にあたり、豪州は「案山」である。上帝様の韓半島降臨の背景それでは、人類歴史を通してあらゆる文化の母胎となった文化圏はどこだろうか? 韓民族の祖先に太昊伏羲という方がいたが、彼により今から5700年前に初めて八卦が描かれ、そこから周易が生まれた。この周易はまさに人類文化の根にあたるものである。周易は陰陽五行の原理を表している。それを分かりやすく言えば、一三五七九は陽であり、二四六八十は陰である。地相学的にもそうだし、人類文化の母胎が韓民族であったことから、大宇宙天体圏が形成された時から、人間の種を取り入れる真の神様が韓国に降臨なさるということが理法的に定められていた。それを歴史的に見れば、仏教では「弥勒が出世する」と言い、儒教では「成言乎艮(聖人の御言葉が艮方で成就される)」、「終於艮、始於艮(艮方で結びをつけ、艮方から新たに始まる)」と言い、キリスト教ではイエスが「神が私を遣わした」と言うなど、色々な話が伝わっている。

Posted in 甑山道は人類救済の天地大道 | Comments Off on 朝鮮の地は地球の「ツボ」

甑山道は「教」ではなく「道」である

甑山道は「教」ではなく「道」である甑山道といえば、人類歴史上初めてその名前を聞く新しい宗教で、他の宗教とは体裁そのものからして違う。通常、儒教、仏教、キリスト教などの既存文化圏の宗教では「教」の字を付けているが、甑山道では「道」と名付けている。では、なぜ「道」と呼ぶのか?「道也者、自由之理、自由之気」。即ち、道とは、自らによる理であり、自ずとそうなる理であり、そうならざるをえない理である。また、自らによる気であり、自ずとそうなる気であり、そうならざるをえない気である。つまり、道とは自然の摂理であり、そうならざるをえない理、そうなるだけの気である。また、道とは天地よりも先んじて、万有の本源、基礎、根になるものである(先於天地、万有之本源也)。言い換えれば、道は結びの実である。既存文化圏の「教」が花だとすれば、「道」は成熟した実にあたる。故に、甑山道は体裁そのものから「甑山教」ではなく、「甑山道」なのである。今は、人間開闢をする時ところで、何のためにこの現実社会の中に甑山道が存在しなければならないのか。この大宇宙天体圏内で万有が生成されるが、宇宙万有は自然の摂理に基づき、自然秩序に従って往来するものである。 ところが我々が生きている今のこの時点は、宇宙年においての夏秋交易期、つまり宇宙が夏から秋に変わろうとしている重大な開闢の時期にあたっているのである。宇宙変化の原理がどのようになっているかを簡単に説明しよう。地球が太陽の回りを一周すれば、それを一年といい、そこから春夏秋冬の四季、生・長・斂・蔵という変化作用が生まれる。我々が住むこの地球は楕円形の軌道を回っているが、太陽の光を多く受ける時は春夏になり、少し受ける時は秋冬になる。それで、春には物を出し、夏には育て、秋には実を結び、冬には場を閉じるという、生・長・斂・蔵の作用が生まれるのである。そして秋になれば、春に物を出し夏に育てたエキスをすべて抜き取って実を結ぶ。もし秋に実を結ぶことが出来なければ、春夏は何の価値もない不要の過程になってしまうであろう。これと同じく、宇宙にも一年があり、地球の一年と全く同じ方法で運行している。時間の法則で見れば、地球一年は129,600度、宇宙一年は129,600年である。地球の一年が回る道理を知れば、この大宇宙天体圏が一周する宇宙年を知る事もできる。全く同じ法則によって大宇宙天体圏が循環しているからである。一年の春夏秋冬、四季の生長斂蔵の変化過程をまとめて言えば、地球一年とは草木農事を営む周期であり、宇宙一年とは人間農事を営む周期である。幸か不幸か、私たちが生きているこの時点は、宇宙一年における夏秋交易期、つまり夏から秋に変わる開闢期にあたっている。地球一年には草木開闢があるが、同じように、宇宙にも人間農事を営んで人間の種を取り入れる人間開闢がある。今は正にその時点である。

Posted in 甑山道は人類救済の天地大道 | Comments Off on 甑山道は「教」ではなく「道」である

甑山道の真理

甑山道は人類救済の天地大道 先天は相克の運である。 相克の道理が人間と万物を司り、天と地には戦乱の絶える間がなかった。それ故、天下には冤恨が溢れんばかりに満ちた。 今、この相克の運を締めくくらんがために、大きな厄難が一斉に起こり、人間世界が滅びるようになった。 相克の冤恨が爆発すれば、宇宙も崩れ落ちるのである。 このことを天地神明が憂い、哀れに思って救済を志したが、何ら方策がなく、九天にいる私に訴えてきた。私はどうしてもこれを退けることができず、この世に降りてくることになったのである。 今、私は大きな災いを小さな災いで防ぎ、造化仙境を開こうとしているのだ。

Posted in 甑山道は人類救済の天地大道 | Comments Off on 甑山道の真理