Monthly Archives: July 2012

天下事は直接、動き回らねばならない

生活信仰 布教 天下事は直接、動き回らねばならない 天下事は文だけでは成せないので、直接動き回らなければならない。事を謀るのは私であるが、事を成すのは君たちである(上帝様)

Posted in 布教 | Comments Off on 天下事は直接、動き回らねばならない

人類の生死を握る働き手

生活信仰 布教 人類の生死を握る働き手 君たちは手に、生かすという「生」の文字を握っているので、「秋の意を得た(得意之秋)」のではなかろうか。 (上帝様)

Posted in 布教 | Comments Off on 人類の生死を握る働き手

ひたすら蒼生を思いなさい

生活信仰 布教 ひたすら蒼生を思いなさい 酒と色に溺れず、本性通りに行い、心をよく保ちなさい。人の為すことは夜空の星と同じで、世に知れる時には如実に現れるものである。人たちは、自分の子孫だけが良くなり、富貴になることを望むのだが、君たちはくれぐれもそうするべきではない。私たちの為すことは、天下蒼生と共に成功しようとすることなので、私欲を捨てて、ひたすら蒼生のことを思いなさい。兄弟が艱難にいるのに、救わずにいることなど出来ようか。四海の内は皆兄弟なのだ。 (上帝様)

Posted in 布教 | Comments Off on ひたすら蒼生を思いなさい

天地が人を用いるこの時に

生活信仰 布教 天地が人を用いるこの時に ある日、上帝様は亨烈を諭され、次のように言われた。   形於天地生人、 万物之中唯人、最貴也。 天地生人用人、 不参於天地用人之時、 何可曰人生乎。 天と地を象って人が生まれるので、 万物の中で人が最も尊い。 天地が人を生み人を用いるので、 天地が人を用いるこの時に参与せずして、 如何にそれを人生と言えようか。

Posted in 布教 | Comments Off on 天地が人を用いるこの時に

一番大きな功徳

生活信仰 布教 一番大きな功徳 勉強の中では、口の勉強が一番大きい。三度は勧めてみなさい。布徳より大いなる功徳はないのだ。

Posted in 布教 | Comments Off on 一番大きな功徳

六任組織の天命を下される

生活信仰 布教 六任組織の天命を下される 私を信じる者は、各々が六人ずつに伝えよ。布教の道は、まず*六任を定め、順に伝えれば、天下に及ぶようになる。これが連脈である。ある日、柳賛明と金自賢に言われた。「君たち二人は、それぞれ十万名に布教しなさい」賛明は承知したが、自賢はすぐには返答しなかった。上帝様は促して答えをお受けになった後、次のように言われた。天下を平定することは私がするので、天下を治めることは君たちがせよ。治天下五十年の勉強である」

Posted in 布教 | Comments Off on 六任組織の天命を下される

七星度数、太乙呪で布教せよ

生活信仰 布教 七星度数、太乙呪で布教せよ ある日、聖徒たちに言われた。「太乙呪で布教せよ。各々が一千人ずつ布教しなさい」皆は「出来ません」と言ったが、亨烈と自賢の二人だけは「伝えます」と答えた。上帝様は諭して言われた。「難しいことではないのだ。まず七人に伝えて、その七人がまた七人ずつに伝えれば、一千人が多いようでも、始めれば容易いことである」上帝様は言われた。「太乙呪で以ってこそ、布徳天下、広済蒼生を成せるのだ。太乙呪の勉強は、治天下の勉強である」

Posted in 布教 | Comments Off on 七星度数、太乙呪で布教せよ

覇気ある働き手を好まれる

生活信仰 勇気と忍耐 覇気ある働き手を好まれる 外見が良く才能のある人を見て、自信を無くして、「あのような人が成功するのであって、私のような拙い者が大事など為しえようか」などと弱音を吐くな。そんなことでは何事も成し得ず、成功とは程遠いのだ。そして、護衛していた神明たちも不信の念を抱き、「こんな意気地無しに付いていては、我々の仕事まで駄目になる」と言って、互いに連れ立って離れ去るのである。

Posted in 勇気と忍耐 | Comments Off on 覇気ある働き手を好まれる

天下事をなす働き手の道

生活信仰 勇気と忍耐 天下事をなす働き手の道 天下事をなす者は、一度滅んだ後に興り、死境に入ってこそ生きる道を得るものである。大人たる者、事を図るにおいては、心を広く正大に持ち、「たとえ死ぬとしても、一度やってみよう」と思うべきである。命を惜しみ、些細なことに捉われれば、大事を成し遂げることが出来ないのだ。働き手が、事を図る時に怖くて出来ないのは、義気が足りないためである。私の仕事においては、たとえ困難はあっても、無駄に死にはしないだろう。天下事を為そうとして、たとえ捕らわれるようなことがあっても、怖いことなどあろうか。 (上帝様)

Posted in 勇気と忍耐 | Comments Off on 天下事をなす働き手の道

苦難を与える天の深い摂理

生活信仰 勇気と忍耐 苦難を与える天の深い摂理 ある日、上帝様は聖徒たちに『孟子』の一節を唱えて下さり、「この文をよく読んでおけば、この本ではそれ以上読む所がない」と言われた。 天将降大任於斯人也、 必先労其心志、苦其筋骨、餓其体膚、 窮乏其身行、拂乱其所為、 是故、動心忍性、増益其所不能。 天が人に大事を任せる時は、 先ずその心と志を乱し、 骨が折れる程の苦難を与え、 その体を飢えさせ、生活を窮乏させ、 やる事なす事をことごとく狂わせる。 これは、その心を鍛えて忍耐を育て、 それまで出来なかった事も 出来るようにするためである。

Posted in 勇気と忍耐 | Comments Off on 苦難を与える天の深い摂理