Monthly Archives: February 2012

相生とはどのような徳目ですか。

相生とは「他人を先に生かし、他人が先に良くなるようにすれば、その功徳で私が生き、良くなれる」というものです。それはこの世でよく言われる「共生」という言葉とは全く水準の違うものです。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

解冤とはどのような徳目ですか

解冤とは、文字通り冤恨を解くことです。あらゆる生命がその根本に立ち返るためには、何よりもまず自分が生きて来た中で結ばれた冤恨の火種を消さなければなりません。人と冤恨を結ばず、人と結んだ冤恨を解く生き方こそ、原始返本の積極的な実践課題です。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

報恩とはどのような徳目ですか。

報恩とは「人から受けた恩には必ず報いるべきである」ということです。更に、「今日の私がいるようにしてくれた全てに対する恩返し」を意味します。父母と先祖、師匠、そして天地がその対象です。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

先祖と子孫との関係は?

先祖は根であり、子孫は実です。この二つは、「互いに異なる一つ」です。私の中には先祖と父母が生きていて、その神明が私と共にいます。先祖は子孫に生命をあたえ、子孫はそれを繋いでいきます。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

人が立ち返るべき根にはどのようなものがありますか。

まず何よりも、「自分の生命の根」に戻らなければなりません。それは言うまでもなく、父母と先祖のことです。自分は数多くの先祖たちを経て直接の父母に至り、そこから生命を受けました。二番目は、「自分の国の歴史の根」、すなわち自分の国を開いた国の祖と、民族の根の始祖です。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

秋には何故原始返本の精神が重要なのですか。

天地万物がその生命力を維持するためには、根から来る気運をよく受けなければなりません。人も、一生を良く生きるためには、自分の根にあたる先祖の神明から気運を受なければなりません。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

原始返本とはどういう意味ですか。

「すべての生命が自分の根に帰る」という意味です。春と夏には、生命の気運が根を離れて幹へ、そして葉っぱへと伸びていきます。しかし秋になれば、その気運は再び根の方に戻りながら実を結びます。実は種を包んでいますが、種は本来の自分自身です。翌年、種が地に蒔かれると、種は再び根を張りそこから再び芽が出ます。

Posted in 原始返本 | Leave a comment

上帝様の天地公事で誰もが救済を受けることが出来ますか。

上帝様は、天地公事を通して人間に救済の道を開いて下さいました。先天の冤恨を解いて新しい天と新しい地をお開きになりました。秋の開闢を乗り越えて後天仙境を建設することは人間の手にかかっています。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

実際、上帝様の天地公事どおりに世界の情勢が回っていますか。

二十世紀以降、世界の歴史は上帝様がお組みになった度数に従って進行してきました。そしてそれは、今現在も進行中にあります。上帝様は「五仙囲碁の度数は、三度の相撲を経て終結される」とおっしゃいました。それは人類の歴史が展開する一連の段階を、朝鮮の伝統相撲に擬えて、それぞれ童相撲、青年相撲、上相撲と言われたのです。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

相撲場度数とはどのようなものですか。

甑山上帝様が、「二十世紀以降の世界情勢を韓国の伝統相撲(シルム)に擬えて枠を組まれたこと」を意味します。韓国の伝統行事、相撲(シルム)は、童相撲―青年相撲―上相撲(サンシルム)と経て、最後の取り組みがあります。

Posted in 天地公事 | Leave a comment