Monthly Archives: February 2012

「五仙囲碁の度数」とは何ですか

五仙囲碁とは「五人の神仙が碁盤を取り囲んで碁を打つ」という意味です。四三〇〇余年前、中国に堯という王がいましたが、その息子丹朱は、父の冷遇により志を成し遂げる事が出来ず、一生涯、死ぬまで碁だけを打ち続ける生活をしました。上帝様は、その丹朱の冤恨を解くために、神仙たちが碁を打つ形で世界情勢が回っていくように度数を組まれました。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

「丹朱の解冤」とは何ですか。

四三〇〇余年前、中国に堯という王がいましたが、丹朱はその長男です。彼は「自身が王位を継承したら、戦争が絶え間ない東方と西方の葛藤を終結し、平和な大同世界を成し遂げよう」という理想を抱いていました。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

道運公事とは何ですか。

「既存の多種多様な宗教、思想、哲学が、将来、上帝様の大道である甑山道の真理に統一されていく過程」を意味します。これまで、数多くの宗教が開かれ、また多くの人たちがその教えを信仰してきましたが、これからは皆上帝様の真理を信じ、その教えに従って後天の世界を建設するようになります。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

世運公事とは何ですか。

上帝様が予め組んでおかれた「世界の政治と各国の政治が展開される道筋」のことです。その最終地点は言うまでもなく、秋の開闢後に開かれる「地球村の統一世界」です。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

「天地公事―世運公事―道運公事」とはどのように違いますか。

甑山上帝様は天地公事を大きく二つの方向に分けて執行なさいましたが、その二つがすなわち世運公事と道運公事です。
世運公事とは文字どおり、「世界の政治が回る運路」を準備された大役事であり、道運公事とは「上帝様の真理(甑山道)がこの世に現れて、全人類が上帝様の大道に結集されるまでの全路程」を組まれたことです。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

上帝様の「度数」とは何ですか。

「度数」とは「天度地数」の略語で、「天の摂理が地上に成し遂げられる」という意味です。上帝様は、天上の造化政府を主宰することで、将来人間世界で起きる全ての事柄の方向性とその順序を予め組んでおかれました。その緻密な設計図がすなわち「天地度数」であり、「人類歴史の里程標」のことです。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

神明造化政府とは何ですか。

上帝様が神明たちを任命して組織した天上の神明世界の政府のことです。新しい大統領が就任すれば、政府閣僚が新しく組織されるように、上帝様は天地公事の執行を始めるにあたって、この天上の政府から組織されました。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

「理―神―事の原理」とは何ですか。

人間の世界のすべてのことは、宇宙の摂理が神明を通して人間に作用し、最終的には人間が動くことにより為されます。「宇宙の理法、神明の作用、人間の行い、これらが一体となって現実世界の事柄が一つ一つ成し遂げられる」という法則が「理―神―事の原理」です。上帝様の天地公事も「理―神―事の原理」によるものです。宇宙の摂理に従って、初めに神明たちを動かし、その後で人間世界の出来事が展開される、というようになさったのです。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

上帝様は具体的にどのような方法で天地公事を執行なさいましたか。

上帝様が天上の神明たちに命を下されば、神明たちが上帝様の命に従って人間の世界に作用し、究極的に人類の歴史が上帝様の意図される通りに進みます。上帝様が地上の人間世界を直接治めるのではなく、「天上の神明界を先に治めて、人間世界を動かす」という方法で、全てのことを行われたのです。

Posted in 天地公事 | Leave a comment

「病んでいる天と地を改め直す」というのは、どういう意味ですか。

まず初めに、上帝様は地上の人間世界と天上の神明世界に満ち溢れていた冤恨を解かれました。冤恨にまみれて病んでいる先天の古びた天と古びた地を新天新地に変えられたのです。天地に満ち溢れていた冤恨が解かれることにより、今まで互いに対立し、傷つけあってきた人間と人間、人間と神明、人間と自然の関係が「互いに助け合い、生かし合う相生の関係」に変わってきました。実際、社会のあらゆる分野で相生の理念を唱えて強調する現象が現れてきました。

Posted in 天地公事 | Leave a comment